季節が寒くなってくると口が痛くて開けにくくなる事がある

歯軋りのくせや、長くパソコンをしていたり、立ち仕事が長かったりするとなりやすい

あせって、一生懸命口を開けようとすると、筋肉に余計負担がかかりいたくなる

まずは痛いところを少し温める、顎をさわって痛いところの筋肉を軽く抑えながら数回顎を動かしてみる、また、腕、足をそっとマッサージしてみてそのあとは歯医者さんで診ててもらいましょう

 落合デンタルクリニック 院長 落合義徳

関連記事

  1. 噛むことの大切さ

  2. 新入社員になったら歯軋りをするようになった🦷

  3. 体に大切な舌の位置

  4. 歯石はつかないように出来ないのか🦷

  5. 口を開けるときにパキッと顎から音がする

  6. 噛むことの大切さ、噛めることの喜び🦷

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP