オーラルフレイルって何?

落合デンタルクリニックのご紹介


英語で「オーラル」は『口腔の』、「フレイル」は『虚弱』を意味します。
2つの単語の掛け合わせで、簡単にいうと『口を介した体の衰え』のことです。
年齢を重ねて足腰の筋力が低下するのは、一般的にごく当たり前のことですが、
『口の衰え』が身体全体、さらには精神的な部分や社会的な面も含めて、
健康と大きな関わりがあるのです。
特に高齢者の方の衰えについては、介護が必要な状態にならないようにと、
身体を動かして鍛える、あるいは筋力を維持することの重要性がフォーカスされがちですが、
実は健康を維持するためには、口も大切な役割を果たしているのです。

症状としては舌の力が弱まり、動きもぎこちなくなり、
その結果、食べ物を飲み込むのに時間がかかったり、むせたり喉につっかえたりします。
また、唇や頬の力や動きが衰えると唾液を口の外に垂らしたり、食べこぼしが増えたり、
歯の位置の外側に食べ物がたまったりします。
また口腔機能の低下により「むせ」から誤飲性肺炎に繋がる可能性もあります。

このような症状によって食事が制限されるようになると日々の楽しみが失われるだけでなく、
食欲がなくなったり、口腔機能が低下すると、発音や会話がスムーズにできなくなってしまうため、
人と会ったり外出したりすることがしだいにおっくうになってしまうのです。
家でじっとしていては、運動量の低下はもちろん、体のさまざまな機能も衰えていきます。
やがて日常の生活動作でさえも困難になりかねません。
また社会との関わりが薄れることで、行動意欲の低下にもつながり、活発さも失われます。

口腔機能が低下した末に、うつっぽくなって家に閉じこもりがちになる……というのは、ありがちな話です。
食べる、話すという口を動かすことは、精神的な部分ともかかわりがあるのですね。

ではどうしたら良いのでしょうか?
話す、食べるなど日常の行為を通じて、口をしっかり動かして使うことが大事です。
話す、食べるという行為は何気ないことではありますが、
重要なのは自分の歯や口の健康につながることだと、認識することです。

とは言っても単に動かすことにとらわれず、意識的に口の中を健康に保つことが大切だと思います。
食事はよく噛むようにする。
正しい歯磨きや義歯の手入れなど毎日しっかり口の中をケアする。
など普段から意識して実践できることもあります。
また、定期的に歯科検診を受ける。

むし歯や歯周病、歯の噛み合わせの不具合、
ドライマウス(口腔乾燥症)などの病気や不調があれば、適切な治療を受ける、

など、自分自身の身体に意識を向けてケアして行きましょう( ^ω^ )

 

落合デンタルクリニック
受付 金井真理子

関連記事

  1. ジューンベリー🍒

  2. *・*:.。..。.:*癒しの待合室*・*:.。..。.:*…

  3. キレイキレイ*・゜゚・*:.。..。.:*・’

  4. 楽しみ🌿楽しみパート2🌿

  5. ぐっすり眠ろう🌙

  6. 千歳蘭~長寿の植物〜

MTWTFSS
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP