口を開けるときにパキッと顎から音がする

顎関節症の一つで下顎の関節円盤が口を開けるとあとからついてきて音がする

噛み癖などで起きる

下顎の運動がまっすぐ下に降りずに左右に大きく動いたりすると音がでる、正しく下顎が動くようにすると口が開くとき音が消える

 落合デンタルクリニック 院長 落合義徳 

関連記事

  1. 最近多い知覚過敏症

  2. 美容の大敵変則噛み

  3. 肩こりと歯の知覚過敏症の話

  4. 歯と頭痛

  5. 歯ブラシの替え時

  6. どうして歯を磨くのだろう

PAGE TOP