これは何でしょうか(*^▽^*)

落合デンタルクリニックの習慣アドバイス

北海道では雪の便りが☃️
秋から冬へ季節が巡って行きますね(^ω^)
さて、今回はこの可愛い丸いもの〜(๑>◡<๑)
一体、何かというと

ピーっと糸が出で歯と歯の間をお掃除する
『デンタルフロス』

歯と歯の間はハブラシの毛先が届きにくいため歯垢が残りやすい場所です。
ハブラシとデンタルフロスを併用することで、歯と歯の間の歯垢を落とす効果は大幅にアップします!!
その上、口臭が悪化するのは食べかすや歯垢などの汚れが原因になります。
口臭は自分では気付きにくいですが、もし使用したデンタルフロスのニオイを嗅いで「臭い」と感じたら、
口臭ケアが必要な合図になります。毎日のフロッシングで歯垢をしっかり取り除くことで、口臭を予防したり、改善したりできます。
また乳歯のエナメル質は弱く、むし歯になりやすいため、「子ども」のむし歯予防にもデンタルフロスは有効です。自分で上手にできない場合は、保護者の方が仕上げ磨きの時に使ってあげると良いでしょう。
小さなお子様のお食事の時にお肉や繊維の硬いものが挟まってしまった時には、フロスがとっても便利です。
医院においてあるこの『デンタルフロス』はコンパクトで持ち運びに便利です。
使い方は
1回の使用分のフロスをケースから取り出し、左右の中指に2〜3回巻きつけ、指と指の間を1~2cmの長さにします。1回の使用分は40cmくらい。指の先からひじまでの長さが目安です。
歯と歯の間にデンタルフロスをあて、横に動かしながら、ゆっくり歯と歯の間に入れます。鏡を見て場所を確認しながら使用しましょう。
③歯の根元まで入ったら、歯に巻きつけるようにして上下に動かし、歯垢を落とします。隣り合った歯の両方の面を清掃します。
取り出す時も、横に動かしながらゆっくり取り出します。

また、衛生士からの指導も行っていますので、気になる方は是非お声がけください。


受付で1つ100円で販売しています(*^▽^*)
毎日のお口の健康は、毎日のセルフケアが最も重要です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
美味しいものを食べるため、美しい笑顔のため、元気にお喋りコミュニケーションのため、
心とカラダの健康のために、落合デンタルクリニックではセルフケアを推進しております💙


落合デンタルクリニック

アロマテラピーアドバイザー 金井真理子

関連記事

  1. 春の風🌸

  2. 車椅子でも安心の診療を♡

  3. やってみよう(*^▽^*)

  4. (((o(*゚▽゚*)o)))♡感謝です♡

  5. 台風一過🌞

  6. Anti Bug

PAGE TOP